Warehouse Sale? アウトレットより安く買う方法

Asicsのウエアハウスセールを紹介

アメリカにはアウトレットよりさらにお値打ちなWarehouse Sale(ウエアハウスセール)というものがあります。日本でいうなら、オンワードや伊藤忠のファミリーセールみたいなものですが、それのかなり雑な感じです。

今回はAsics(レディース・メンズ)とVolcome(レディース商品のみ)のWarehouse Saleがあると情報を聞いたので、ちょこっと覗くだけのつもりで行ってきました。

誰でも参加できるセールイベントなので、紹介したいと思います!

そもそもWarehouseって何?

メーカーが売れ残った在庫等を販売するセールです。基本的には倉庫等飾りっ気のないところでガンガン売ります。メーカーごとに行われることが大半です。

事前のチケットなどは必要なく、基本的にだれでも参加できることが多いイベントです。

もちろん旅行者でも入れるので、旅行の際は、ウエアハウスセールの日程もチェックしてみると良いと思います。

Asics Warehouse Saleに行ってきた

今回行ったAsics Warehouse Saleは、木曜日~日曜日(8:00~15:00)にかけてのセールイベントで、Irvineにある大きな倉庫で行われました。

アメリカ人は土・日曜日は早起きしないので、会場もすいているだろうと思い、僕は土曜日の8:30時に行きました。結果、10時過ぎまで品定めしていたのですが、9時半ごろから「どこかの人気ストアかっ!」てくらいに人が集まりだしました。

たぶん午後はもっと混みだすと考えると、朝に行くのがやっぱりベターです。

会場について

会場はほんとに普通の倉庫です。

そして、会場に入場するところで価格表を渡されました。さすがざっくりとしたセールです。デザインやスタイルごとに細かく値段なんてつけずに、Tシャツ – 7ドル、シューズ – 35ドルの様に、おおざっぱです!

今回のAsicsの料金表

Asics 料金表

倉庫(工業地区の倉庫が会場でした)

セール会場

看板 (同じ看板が道路にもありました)

会場案内

買い物のルール的なもの

会場によって買い物システムは変わってきます。

今回、どういうシステムで買い物ができるのかは僕らも事前に知っていたわけではありません。しかし、入場するときに説明されるので、特に心配はありません。

といってもだいたいのウエアハウスセールは、入り口大きな袋を渡されて、その袋に欲しいものを詰め込んでレジに持っていくだけです。

洋服セクション(サイズごとに服がかかっています)

洋服セール

中には袋に入った状態で売っているものもあります

服メンズ

靴セクション(サイズごとに段ボールに靴が入っています)

靴セール

全体

会場内

今回購入したもの

下記の写真は実は一部なんですが、オニツカタイガーの靴6足(各35ドル)、オニツカタイガーとアシックスのTシャツ6枚(一枚だけ12ドルだったがそれ以外は7ドル)を購入しました。

妻と、僕と、日本の父用です。テストの投稿やアウトレットの投稿でオニツカタイガーをちょっと紹介しましたが、かなり偶然で、正直、特に好きなブランドではないんです。

が、なんとなくもともとの値段を知っているだけにちょっと買いすぎました。

安かったとはいえちょっと買いすぎたかもしれないです(笑)

靴6足

日本では1枚4500円くらいで買っていたのがなんか切ないです

Tシャツ

実際はこっちにいるパパ・ママ用とかにももっと買い物しちゃいました。

ウエアハウスセールの情報入手方法

各ブランドのフェイスブックサイト等でアナウンスをしています。また、http://www.warehousesales.com/

等で調べることができます。ほとんどの場合、入場チケット等は必要ないです。また、セール会場を出る時に、ニュースレターにサインアップして帰ると、次回からはメールで情報を知らせてくれます。

後書き

アメリカって普段はスポーツカジュアル的な楽な格好をすることが多いと思いますが、1度ウエアハウスセールを経験すると、そういう洋服はもう普通に買うのがもったいなく感じるようになります。

現に、僕も今では日常で来ている服は殆どウエアハウスセール品です(笑)

 

おすすめの記事