LA-MENに行ったらなんか懐かしい感じで良かった

以前、ラーメンのスペルはRAMENじゃなくてLAMENだろという記事を書いたのですが、その時名前だけ紹介したLA-MENに行ってきました。

このエリアって日本食系少ないし、こういう所が好きな人にはかなりハマる場所なので紹介します。

LA-MENって?

日系なラーメン屋さんです。

僕はそもそもラーメンを食べないので、ラーメン通気取りで味を評価することはできませんが、Yelpではローカルからすごく支持されているラーメン屋さんです。

豚骨、みそ、しょうゆ、塩からスープが選べて、辛さも1~10スパイシーと選べるようになっています。

そして、ラーメン以外のメニューもカレーや照り焼き丼など揃っていました。

良い感じのレトロ感が漂ってます。

LA-MEN

行ってみた

はい、早速?ようやく?行ってきました。店内はこじんまりとしてテーブル数も多くないのですが、1時ごろに行って満席でした。

驚いたのは、女性の店員が注文~料理~会計まで1人でこなしており、なんか手伝ってあげたくなるようなお店でした。

かと言って待たされるわけでもなく、下手したらその辺のダラダラ仕事をこなすレストランより早いです。

店内は?

間違ってもキラキラ系ではありません。

そして、正直に言ってちょっとくたびれてる感は否めないです(笑)

なんて言うんでしょう、学生街に昔からある定食屋さんな感じ?休日にお父さんが連れてってくれるような店?で、懐かしい感じがします。

でも、僕はこういう店は親しみが持てて好きです。

アメリカの若い女性が嬉しそうに他のテーブルについていましたが、きっと彼女は風情や情緒を理解できる人なんだなぁと思いました(笑)

メニューは?

メニューはラーメン以外にはとんかつ、カレー、天ぷら、たこ焼き、照り焼き丼、親子丼など、意外に種類があります。

これでいて1人でお店を回せる女性の店員さん、ツワモノです。

ラーメンに外のメニューもあるので、手軽に日本食を食べれるお店です。

メニュー

で、食べた

もちろんラーメンを!と思ったのですが、僕はカツカレーを食べました(笑)

大食漢の僕には足りないであろうと思い、簡単にできそうなコロッケとたこ焼きも追加しました(きっとチンだろうと思って)。

が、コロッケもちゃんと揚げてあったし、たこ焼きも冷凍かもだけど一回揚げてありサクサクで美味しかったです。

そして、カレーはちょっととろみの少ない感じのものでした。

感想は、慣れ親しんでいない人の家のカレーを食べたら、ま、美味しいけどなんか違うよな?って感じる時の感覚です(うちのカレーはもうちょっとトロッとしてたので)。

見ての通りコロッケとたこ焼きです。両方とも熱々で出てきました!

たこ焼き コロッケ

僕の食べたカツカレーです。小さなサラダも付いてきました。

カレー

ラーメン

一応頼みました。妻が。 豚骨ラーメンを。

スパイシーネスはとりあえず6をチョイスしました。1~10まで選べるらしいのですが、 実は 、激辛好きには嬉しいレベル25もいけるようです。

僕はもともと辛いのが超得意なので6は全然平気でしたが(多分25でも食べれる人なんで)、6は辛さを増すためにチャッチャッと軽く唐辛子やラー油を入れた程度ではなく、ちゃんとした辛さはあります。

なので、 6は辛いのが好き!という人でなければ、頬っぺたやオデコから汗がジトッと出て、3口くらい食べたら水欲しいなってなるレベルです。

ちなみに僕は数年前に大人な病気を患ってから、辛いのは禁止されています(笑)

レベル6でスープもスパイスがきいていて色も結構赤かったです!

豚骨ラーメン

で、おすすめ?

スパイシーなラーメンが好きな人は、LA-MENは本格的に辛いラーメンが食べれるのでおすすめです。

そうでなくとも、メニューも全体的に1品が10ドル前後で種類もそこそこあり、この辺の地域のランチとしてはお手頃です。なので、付近に居る時に「とりあえずランチどうする?」となったらここに来れば満足できるお店です。

そして、変な表現ですが「難しい名前の料理よりチャーハンが好き!」というタイプの方は、このお店には好きなメニューがたくさんあり、多分、気に入ると思います(勝手なイメージですみません)。

何を隠そう、僕もそのタイプです。

場所

LA-MEN

後書き

日本でもラーメン屋に行ったことがない僕がラーメン屋に来て記事まで書いてるって考えると、このブログを始めたことで僕もちょっと変わってきたなって変な実感があります。

いや、そんなことはどうでも良くて、皆さん、周辺に来たら立ち寄ってみてください。

おすすめの記事