SONAX・アメリカでおすすめの洗車用カーシャンプー

アメリカで洗車するならSonaxがおすすめ

僕は大体月1回くらいは洗車します。カリフォルニアにはセルフの洗車場が沢山あり、多分ほとんどの人はそういった洗車場を利用しています。

僕も昔はそのように洗車場へ行っていました。

しかし、今は1台だけではなく、家族の車のを洗車をしなければいけないので、いちいち洗車場に行くのが面倒になり、家で洗車をするようになりました。

一応、毎月車を3台洗っている僕がおすすめのカーシャンプーを紹介します。

アメリカのカーシャンプー事情

ほとんどのカーシャンプーにはワックスも含まれています。また、黒い車専用とか、エクストラシャインとか、なんか色んなものが混ざってて、何を買っていいか迷います。僕はただシンプルなシャンプーが欲しいだけなのに面倒です。

日本では高価なMeguir’sのカーケアはこちらではお手頃ですが、なんか種類がありすぎてこちらもよくわからないです。これらの商品は多分こだわる人向けで、洗車後、ワックスを掛けてバフまでするような人達が使うものが多いのかと思います。

ちなみに、僕はすごく大衆的なタートルワックスというブランドのワックス入りシャンプーを使ってみたのですが、きれいに拭き取らないとワックスの後が残ってしまいました。

試しに買ったタートルワックスのシャンプー

タートルワックスのシャンプー

僕の求めていたシャンプーは?

僕の求めていたシャンプーはコンパウンドが入っていなくて、コーティング等の細かいことを考えずに、とにかくさっと洗えるようなシャンプーをアメリカでも探していました。

日本では「シュアラスター  カーシャンプー1000」というのを使っていました。これはコンパウンドやワックスも入っておらず、コーティング施工車でも安心して車が洗えます。泡切れもよく、ワックスなども入っていないのでゴシゴシ磨かなくても白くならないで、とてもお気に入りでした。洗い終わりもつるつるです。

おすすめシャンプーは?

おすすめはタイトルの通り、下記のSONAXのオレンジ色の「Sonax 314300-755 Car Wash Shampoo Concentrate」というカーシャンプーです。

僕のおすすめというよりは、こちらで買える物の中で僕の求める系のシャンプーが少ないので、結果的に最初に買ったSONAXが使いやすかったので、SONAXに落ち着いたという感じです。

SONAXは日本でも人気のあるドイツ製のカーシャンプーで、もちろん僕はクオリティーには満足しています。しかし、アメリカでは日本で買うより若干値段が高いです。セールの時でも内容量が約1リットルのものが10ドルくらいで販売されてます。

日本で販売されているものと品番が同じなので、たぶん全く同じなのですが、日本の物にはキャップ1杯(25ml)のSONAXに対して5リットルの水で希釈すると書いてあるのに対しアメリカの物にはキャップ2杯に対し5ガロン(約19リットル)の水で希釈すると書いてあります。

乗用車であれば5リットルの水を使えば洗いきることは可能なので、日本の基準で考えてもこれ1本で40回は洗車ができます。僕はちなみにキャップ3/4杯を5リットルで薄めています。

SONAX Car Wash Shampoo concentrateなら研磨剤なしの陰イオン系のシャンプーなのでコーティング施工車でも安心して洗車ができて、仕上がりも満足です。

アマゾンで買ったSonax Car Wash Shampoo concentrate

SONAX Gloss shampoo concentrate

実は他に気になるシャンプーもあった

僕が気になっていたのは、こちらも陰イオン系のシャンプーでMeguiar’s Gold Class Car Washというものです。先ほどMeguiar’sはこだわる人向けと紹介しましたが、このGold Class Car Washは大衆的なシャンプーです。

なぜ気になったかというと、値段が安く、こちらもワックスやコーティングを傷めないシャンプーと説明書きにあったからです。64oz(約1.9リットル)のボトルがターゲットで9ドルでした。そして、1ozに対して1ガロンの水で希釈とのことなので、これはSONAXより割安です。

で、後日使ってみました。

泡の質感が食器洗い洗剤的なさっぱりな感じで、Sonaxの方がしっかり洗えている感はあるものの、日本でいうシュアラスターに近い感じの水切れで、意外に良い感じです。

Sonaxのねっとり感が嫌いな方はこのGold Class Car Washは結構ありかもしれません。

意外に良かったですが、計量がこの薄いキャップでするとかありえないです(笑)なので、僕は適当な量をどくどくと使いました。

meguiars

洗車する時のコツ

日除けのある洗車場での洗車ではなく、家の庭での洗車は日差しとの戦いです。できれば日が出てない時に強くお勧めします。

特に夏場などは、水をかけてもすぐ乾いてしまい、水垢が残ってしまいます。「全体に水をかけて、次にシャンプーで、その次にふき取り」というやり方だと、間違いなくドアを洗っている時には屋根の泡は乾燥しています(笑)

夏場はどれくらい熱いかというと、濃いスモークを張った窓ガラスは、電子レンジでご飯をチンした時にご飯茶碗を触ってやけどしそうになるくらいの「あ゛ちいっ!」って声が出ます。

その為、洗う場所を屋根、横、ボンネット、後ろ等のようにパートごとに分けて、各パートを洗ってはシャンプーを水で落としてというのを繰り返す形にする方が良いです。

僕は洗車を時短するために高圧洗浄機も買いました。100ドル以下で買えるのでセールしている時があれば是非どうぞ。

カリフォルニアではこういう泥の汚れや、鳥の糞(黄色っぽい斑点)の汚れが多いです。写真じゃわかりづらいですが、かなり汚れてたんです。

汚れた車のドア

僕は5リットルの水に対し3/4キャップくらい入れています。

SONAXシャンプーを水に混ぜた

泡立ちもよく、水切れもとても良いです

シャンプーの泡

洗車後

洗車後のドア

洗車後2

洗車後

その他の注意点

もし、僕と同じアナハイム在住の方がこのブログを参考にされている場合は、車に水を撒くホースにも気を付けてください。アナハイムでは水の節約が義務付けられており、ホースから直接車や、庭に水を撒くことはできません。

ホースの先につけるシャワーヘッドを使用する必要があります。

こういうホースの先につけるシャワーヘッドが必要になります

庭用シャワーヘッド

後書き

本文でも述べてますが、カリフォルニアの洗車って本当に結構面倒です。日中は日が強すぎて作業効率がぐっと下がります。

ただ、慣れてきて自分なりの洗いかたの手順が見つかりだすと、さっっと終わるようになるので、2~3回家で洗車して「もう、やだ!」とあきらめずに頑張ってください。

 

おすすめの記事