カリフォルニアのUMAMI(ウマミバーガー)に行ってきた

日本でも人気のバーガーを本場でどうぞ!

カリフォルニアのUMAMI BURGER(ウマミバーガー)に行ってきたので紹介します!

ウマミバーガーは今年初めに青山に日本一号店も出店しており、ファストフードではなくレストランで食べるスタイルのバーガーで、日本でいわれるグルメバーガーの種類です。

ウマミバーガーって?

ウマミって名前が日本語ですが、カリフォルニア発のハンバーガーチェーンです!その名の通り、肉のうまみにこだわっていて、もちろん、ロサンゼルスでもすごい人気です。

で、行ってみた

とりあえず僕はアーバインスペクトラムにあるウマミバーガーの店舗に行ってきました。

まずおしゃれ

なんか、突然モダンな空間にジャンプインした感じで、ハンバーガーではなく最新のおしゃれカフェに来た感覚です。

味云々ではなく、店内がすごくおしゃれです。やはり、新しいブランドで顧客を獲得するにはおしゃれでなければならないのでしょうね。

デートの際の気軽なランチとかにも最適です。

ウマミバーガーのエントランス

ウマミバーガー・エントランス

カウンター席

ウマミバーガー・カウンター

テーブルエリア

ウマミバーガー・店内

テラス席

ウマミバーガー・テラス席

どんなハンバーガー?

僕はUMAMIとSam’s Crispy Chickenを頼みました。

ハンバーガーの系統についてちょっと説明します。

UMAMIのようにビーフ系のバーガーを頼むときは焼き加減も聞かれます。僕はミディアムを頼みました。

出てきたハンバーガーを食べると、ミディアムで頼んだはずですが、かなりレアに近い状態でした。他の方のレビューにもここのミディアムは少し赤いとなっていたので、それが嫌な方はよく焼いてもらう方がいいと思います。

肉のパティは肉感が強く弾力のあるあるタイプではなく、フワフワかつボリュームのあるタイプです。そしてバンズはかなりふっくらしてました。

そのまま手でがっつり握って食べるのもできますが、ナイフとフォークでスゥーっと切れます。女性にも優しいハンバーガーです。

チキンバーガーの方は野菜たっぷりで少し食べづらかったです。しかし、チキンはクリスピーかつジューシーでした。ドライなチキンで衣が多くてがっかりするなんてことはないと思います。

そして、一応ポテトも頼んだのですが、3種類のソースとケチャップも付いてきました。ガーリックのソースがおすすめです。

味付けについて説明するほどの表現力はないのですみません(笑)アメリカの料理の味を判定する唯一の僕の基準である「しょっぱい」か「しょっぱくない」かでいうと、この店はしょっぱくなく、日本人の舌に合うと思います。もし、食べたバーガーが好みでないとしても、他の味を試してみればきっとお気に入りが見つかると思います。

バーガーメニュー

ウマミバーガー・メニュー

ポテトのソース

ウマミバーガー・ポテトのソース

UMAMIバーガー。肉とパンの厚みがすごい。それでいて柔らかくて食べやすい。

UMAMIバーガー

Sam’s Crispy Chickenバーガー。コールスローがたっぷり乗っている。

チキンバーガー

どこで食べれる?

前回アナハイムのパッキングディストリクト内にウマミバーガーがあることをご紹介しましたが、今回僕はアーバイン・スペクトラム店に行きました。

オレンジカウンティーではあとはコスタメサに1つあるので全3店舗です。

ロサンゼルスには今のところ全9店舗あるので、こちら(公式ホームページの店舗リスト)から店舗をチェックしてみてください。

後書き

ここの店員は、常に笑顔で好意的に話しかけてくれますし、とってもフレンドリーでした。すごく良い人です。あまり英語が得意じゃない方も、安心して入れるお店だと思います。

 

おすすめの記事