アメリカで一番おすすめのハンバーガー「Burger Boss」

簡単にカスタムバーガーができて美味しい!

ハンバーガー店をこれまでにいくつか紹介しましたが、今日紹介するBurger Boss(バーガー・ボス)はいつもより気持ちを込めてお伝えします(笑)

このバーガー・ボスは僕の知っているアメリカのハンバーガー屋さんで今一番おすすめだからです。

バーガー・ボスって?

バーガーボスはナチュラルなバーガーを色々カスタムして食べることができるハンバーガー屋さんです。創業は2011年と新しく、今はまだオレンジカウンティー周辺にしか店舗がありません。

バーガー・ボスの店内は清潔感があります。

baurger boss店内

何でおすすめ?

細かいオーダーが可能

バーガー・ボスはハンバーガーを細かくオーダーできる店です。まず、肉の種類を選びます。そして、バンズを選び、チーズの種類、バーガーソース、トッピングと、かなりの種類がある中から好きなコンビネーションが作れます。

英語が苦手な場合や、カウンターで頼むのが面倒な方は、タッチパネルのモニターもあるので、列に並ばず、画面を操作して注文ができます。キオスクを利用する場合は、クレジットカードマシーンでその場で清算します。

実際、カウンターで頼んでもサブウェイでサンドイッチをカスタムするよりは、簡単に頼めます。

バーガー・ボスのバーガーメニュー

バーガー・ボスのバーガーメニュー

オーダーキオスク。これならオーダーも簡単です(クレジットカード支払い時のみ利用可)。

バーガーボスのオーダーキオスク

色んな人が楽しめる

肉の代わりにブラック・ビーンや、バンズの代わりにレタスが選べるので、最近増えてるヴィーガン(絶対菜食主義)も楽しめます。また、グルテンフリーのバンズもあります。グループでご飯を食べに行く時にも、安心してハンバーガーを楽しめます。

素材のこだわり

バーガー・ボスのロゴには「Grassfed・Natural・Goodness」と書いてあります。これは何を意味するかというと、ビーフは草を食べさせられたビーフです。家畜用の飼料をガンガン食べさせられたビーフではありません。

また、チキンやターキーも、オール・ナチュラルと説明されています。この”オール・ナチュラル”という言葉は実は意味があいまいで英語圏ではちょっと物議をかもしている言葉ですが、いずれにせよ、バーガー・ボスはエコ・フレンドリーをうたっています。

細かいことよりビーフを食べてほしい

ここまで行くと、女子ウケの良さそうなIn & Outのようなバーガーかな?と思ってしまいそうですが、がっつり肉を食いたい人向けにお勧めします。

僕はここではビーフをミディアムで頼みます。洗練されたふわっとした肉ではなく、肉感がとても強く、しっかりビーフの味がする荒々しいお肉でこれが美味しいです。肉もダブル(パティ2枚)にできるので、ビーフのダブルをミディアムで頼むと、最強です。

僕は、正直ヴィーガンでもなければ素材もあまりこだわるタイプではないのですが、この「ザ・肉」という味が好きです。ちなみにコッテリが好きな方はソースの注文時、テリヤキソースとマヨネーズの2つを選んでみてください。

日本語でこのバーガー・ボスを紹介してるページがなかったので、もしかしたらここが好きなのは僕だけ?と心配になりましたが、がっつり肉を食べたい人へ、とにかく自信を持ってお勧めします。

お持ち帰りだと、こういう形でボックスに入れてもらえます。

バーガーボスのお持ち帰り

おすすめのハンバーガー。写真が下手ですみません。でもハンバーガーは上手いです!

バーガーボスのビーフバーガー

もう一つはターキーを頼みました

バーガーボスのターキーバーガー

おまけ

もちろんポテトも色々カスタムできます!ポテトにつけるソースや、スイートポテトが選べたり、また、ハラペーニョなどのトッピングもできます。

どこで食べれるの?

現在は5店舗で、ニューポートビーチ店も近々できる予定です。

後書き

一応このバーガーボスもオレンジカウンティー発のお店なので僕は応援しています。オレンジカウンティーにお住まいの方はぜひ試してみてください!そして、自分の好みのオーダーを探してみてください!

 

おすすめの記事