シャワーヘッドを交換! – 作業時間約3分

工具の必要なし!誰でもすぐできます!

アメリカではシャワーのヘッドが頭の上の方に固定されているタイプのものが多く、日本のようにホースでつながっていて手で持つタイプは少ないです。ちなみに、この手で持つタイプのシャワーは、「Hand Held(ハンドヘルド)」と呼ばれています。

うちのシャワーはハンドヘルドタイプだったのですが、シャワールームが古く、来月には改装する予定なのですが、その前にシャワーヘッドが壊れてしまったので、本日買い替えをしました。

付け替えは、3分で終わるようなとっても簡単な作業です。

アメリカでアパートに住んでいる方で、固定式のシャワーでストレスを感じている方の参考になればと思い、ブログにしました。

ハンドヘルドのシャワーの値段

オンラインだと安く売っていると思うのですが、突然だったので、ターゲットに買いに行きました。ホームデポでもターゲットでも一番安いのは20ドルくらいからあると思います(店舗在庫がない商品なら15ドルくらいからありました)。アパートならこの一番安いタイプで十分だと思います。ちなみに、僕も今回は一番安いのを買いました。

インストール手順

1. 固定式のヘッドを外す。

ユニット自体がスクリューになっているのでドライバーとかは不要で、今ついているシャワーを手でくるくる回すと外れます。

外すとこんな感じです。

ちょっと写真がブレていますが、簡単に外せます。

シャワーヘッドを外す

2. シャワーをホールドするユニット+シャワーを付ける

新しく買ったシャワーについてきたヘッドを固定するやつをくるくる回して取り付けます。その後、シャワーのホースを取り付けて完了です!

シャワーを買うと、このようなヘッドを固定するユニットがついてきます。

シャワー固定ユニット

このユニットをくるくる回して取り付けたら、あわせてシャワーのホースもユニットに取り付けます。

シャワーベースユニット取り付け

3. シャワーを掛けます。

シャワーのヘッドをかけて出来上がり!めちゃくちゃ簡単です!

ホント工具なしで短時間でできるのでおすすめです!

ハンドヘルドシャワー取り付け

自分で行うときの注意点

注意点は特にありません!といいたいところですが、その昔、アパートのシャワーをハンドヘルドタイプに変えて使っており、もともとついていたシャワーヘッドをはポイっとゴミ箱へ(普通に日本人的感覚を持っている人ならそんなことはしないと思いますが)。そして、引っ越しの時にアパート管理会社にオリジナル(もともとついていた)のシャワーじゃない!といわれ、数十ドルチャージされました。スペースに余裕がある方は、オリジナルのものをキープしておくことをお勧めします。

 

おすすめの記事