fiVeBELoWに行ったら店内が綺麗だし意外と楽しかった

5Belowの存在は知っていたものの、あえて行くと言う程の店でもないと思っていて、今まで行ったことがありませんでした。

で、先日行ってみたら意外と良かったので紹介します。

fiVeBELoWって何?

fiVeBELoW(ファイブ・ビロウ)は比較的に新しいチェーン店で、全ての商品が$5以下というお店です。最近どんど店舗数も増えてきてて、うちの近所にも2店舗くらいあります。

fiVeBELoWって、今まで何度も目にしてきましたが、本当に本当に初めて入ってみました!

fivebelow

何が売ってる?

売ってるものは幅広くスナック類から衣類、本、テック系のガジェット、おもちゃ、化粧品等が売られています。

もともとが5ドルくらいの値段の物もあるので、割安感が無いものもありますが、全体的に「5ドル以下だしとりあえず買ってみようかな」と思うような商品が結構ありました。

で、行ってみた

僕がこのお店に行った理由は、最近アメリカで流行っている「Writing Prompts」が$5で買えると聞いて行ってみました。

アマゾンでは同じものが10~20ドルくらいでした。

今回のお目当てのWriting Promptsです。色々とバリエーションがありました!

Writing Prompt

なんか子供(小学生くらい)に良さそう

おもちゃ類が結構しっかりあって、で、良くあるパターンの安いけどよくわからないキャラの変なおもちゃではなく、ちゃんとしたおもちゃがありました。

子供用のキャラTシャツも5ドルだし(クオリティーは別として)、結構良さ気です。

詳しいことはわからないのですが、確かこれって去年日本の子供たちに大人気だったキャラクター?だったはず。

LOL

なんか子供が喜びそうなおもちゃがたくさんあります!

toys

スターウォーズとかスティッチとか、そういうキャラクターのアイテムも5ドルです!

tshirts

お土産にも良いかも

アメリカと言えばのチョコ、Ghirardelliとかカリフォルニアで僕がおすすめするカールズバッドのフェアトレードのチョコメーカーChuaoとかもありました。

キャンディー系も品ぞろえは割と多かったです。

もともと5ドルくらいの物ですが、割高感も感じませんでした。

Hariboはアメリカのお菓子じゃないのですが、こういったお菓子類は普通に安いのでお土産とかにも良いと思います。

snacks

カゴとかプラスチック製品

前にダイソーの記事で紹介しましたが、アメリカってなぜか日本の百均で売っているようなプラスチックの小物入れ的なものが高いです。

5Belowではその辺のグッズも5ドル以下で売っているので、ダイソー品が嫌ならここで買うのが良いと思います。って、値段で言ったらダイソーで買う方が安いし、見た目で買うなら他のところで買うのが良いと思いますが、近所に5Belowがあれば「ここに行けば数ドルで買えます程度」ですが。

こういったカゴ類ってなぜか安いのが売っていないんですが、2~5ドルで買えます!

containers

何が気に入った?

正直に言うと、特に気に入った物は無いです(笑)

でも、全体的に見て、ダラーツリーとかそういうディスカウントストア系のお店と比較して、先ず、店舗がきれいでオーガナイズされているのはすごく良いです。

そして、この手のお店って、普通は低価格で売ることを前提に作られた商品が並ぶことが多いと思います(もちろんそういう商品も5Belowにありました)。

それと対比して例えるなら、5Belowはどちらかというと、流行り物とかそういう要素も考慮された$5以下の商品のセレクトショップ感が強かったです(良く言いすぎかも?)。

なので、先ほど書きましたが、 「5ドル以下だしとりあえず買ってみようかな」 という気になってしまいます。

後書き

ブログで紹介したいなと思ってWriting Promptsを買いに行っただけだったんですが、ちょっと気持ちが乗ってきて、Writing Promptsの記事を書く前に5Belowを紹介しちゃいました(笑)

近所に5Belowがある方、物は試しに一度行ってみてください!

おすすめの記事