アメリカに引越しする時におすすめの業者

アメリカへの引越しはヤマトがおすすめ!

今日は日本からアメリカに引越しする方へ、僕の使った業者を紹介します。

引越しといっても、僕の場合は家具や家電は一切持ってこず、基本的に洋服やゴルフバッグ、普段の生活用品が主でした。

これから引越しを予定されている方へ、ご参考までにまとめてみます。

僕はヤマトを利用した

僕は引越し業者でなくヤマトロジスティクスの海外引越単身プランを選びました。選んだ理由はパッケージになったコースが明瞭で、申込もオンラインからできてとても簡単だったからです(オンライン申し込みの方が安い)。そして、金額的にも他と比べて割安だと思いました。ただ、船便です。

ヤマトの引っ越しについて

だれでも利用できるの?

関税の問題もあり、目的が留学や海外赴任、引越しであることが前提なので、ビザやグリーンカード、または、アメリカのパスポートの提出が必要になります。

どんなコースがあるの?

ミニマム、レギュラー、エクストラの3コースあります。いずれも段ボールの大きさと数でコースが分かれていますが、僕はレギュラーコースを選びました。

段ボールは2タイプあり、下記の通りです。

大きいサイズ(46cm*66cm*33cm)
  • ポロシャツなら 40〜60 着
  • Tシャツなら 100 着
  • セーター / トレーナーなら 10〜15 着
小さいサイズ(46cm*33cm*33cm)
  • 文庫本なら100冊
  • CD・DVDなら250枚

そして、各段ボールに詰め込む量は段ボールの大きさにかかわらず、20Kg以下でなければなりません

コースの違いは下記の通りです。

  • ミニマム:大5箱 + 小4箱 = 9箱
  • レギュラー:大7箱 + 小7箱 = 14箱
  • エクストラ:大10箱 + 小8箱 = 18箱

ちなみに、僕が利用した6月はレギュラーコースでロサンゼルスまでが11万円くらいだったのですが、今は12万円くらいなので、値上がりしたように思います。

ゴルフバッグ等はどうする?

うちは夫婦で万年初心者ゴルファーです。ヤマトなら、大きい段ボール1つと小さい段ボール1つの代わりに、ゴルフバッグ用の段ボールを1つまでもらうことができます。

その為、レギュラーコースで届いてきた段ボールは大6箱、中6箱、ゴルフバッグ用が1箱でした。

うちはゴルフバッグが2つあったので、1つは飛行機の預入荷物で持っていきました。預入荷物の個数と重量が超過していない場合は多分無料で預けられると思います。僕は無料でした。航空会社に問い合わせすることをお勧めします。

利用手順

申込手順から荷物の集荷

オンラインで申し込みを済ませると、支払いのメールが着ます。もちろんオンライン決済が可能でした。その後、集荷の日を決める形になります。

段ボールなどの梱包資材を受け取る日は申込時に入力しました。

ちゃんとガイドラインをくれるので、手続き手順は初めてでも心配ありません

書類の記入などについて

関税の書類等の重要書類は、しっかり記入例サンプル付きで記入用紙が届いてきました!その為、ここで僕が説明する必要はないと思います。

後は、箱に詰める中身を税関申請用に記入するのですが、これは英語がわからなかったら、辞書で単語を調べてできるものです。

ちなみに、ズボン5個、Tシャツ5枚という時は[Pants:5/T-shirts:5]と別々に記入もできますが、僕は「Clothes:10」という書き方をしましたが、問題なかったです。

梱包資材について

梱包資材は全て届いてきます。しかし、万が一を考え、僕はエアパッキンやテープを自分で揃えました。結果、届いてきた梱包セットのテープは紙のガムテープで弱そうなものであったため、自分で買ったものを使いました。

引越しの時だけではなく、海外へ荷物を送る時の梱包テープは「3M スコッチ 梱包テープ 重量用」がおすすめです。これは他のテープに比べて値段が割高ですが、強度、軽さを考えるとかなり優秀です。

強度の弱いものだと、そこが抜けてしまう恐れがあるからです。

近くのホームセンターや、アマゾンで買えると思います。

僕が梱包テープぐるぐるで荷造した箱です。思ったよりスペースをとります。

梱包後の箱

気になるポイント

もし記入の不備があったら?

荷物の集荷後、ヤマトからフォローアップの連絡がありました。僕の場合は書類の不備というか、航空券がギリギリだったので、未提出のものがあったためです。ただ、ヤマトは丁寧に対応してくれたので、安心でした。

どのくらいの期間で届いた?

集荷後、1ヶ月くらいで届きました。送り先の地域によって変わると思うのですが、こちらで担当してくれた方はとても丁寧な日本の方でした。荷物を持ってくる前に、メール・電話で日時の確認もあるので安心です

ちなみに日本語・英語の両方対応していました。

ヤマトで頼んで良かったこと

間違いなく配送のクオリティーが素晴らしかったことです。船便だし、アメリカだし、ボッコボコの段ボールが届いてくるのを想定していました(笑)しかし、私たちの送った荷物にちゃんと担当者がつき、丁寧に届けていただきました(決して事前にクレームしたとかではないです)。本当に段ボールがしっかりした状態で届いてきたのはびっくりです(日本国内であれば当たり前のことですが)。

以前(10年前くらい)、アメリカからの引越しプランを利用した時は段ボールがボッコボコでしたが、サービスが改善されたんだと思います(笑)

担当者の方曰く、引越しの荷物はUPS(ローカルの運送業者)ではなく、ヤマトの社員がちゃんと運んでくれるようです。

後書き

アメリカへの引越しの時は日本から何でも持って来たくなるものの、最低限に抑えるのがおすすめです。うちは2人分でしたが、家電・家具以外はほぼ全部持ってきた感じで、こちらに来てから「もう少し日本においてくればよかった」と後悔するものもあります。

ここまでヤマトをべた褒めしておきながらいうのもなんですが、特に留学生は、引越し料金で10万払うなら、間違いなくこちらの生活用に10万円を出した方がお得だと思います。

 

おすすめの記事