天候と服装 | 2017年10月にアナハイムに来るなら

アナハイムの気候や天気について

皆さん様々な理由でカリフォルニアに来ることがあると思います。日本とはもちろん天候や気候も違うので、初めての旅行や突然の出張、また、現地の状況を知っていても久しぶりに行くとなったら、どんな服を持って行くべきか迷うこともあるかと思います。

本日は既に10月2週目。真夏の暑さも徐々に和らぎとても過ごしやすくなってきました。

これから毎月、アナハイムの服装のアドバイスができればと思います。

なお、服のおしゃれのアドバイスではなく、暑さの基準についてなので、僕は薄手の半袖を「Tシャツ」と表現しますが、もちろんご自由にポロシャツとか着ておしゃれして下さい(笑)

10月の天候

ほぼ毎日晴れです。雨が降ってもほんとにぱらっと降る程度で、雨具は必要ないです。

10月の気温・服装

15~28℃くらいで過ごしやすいです。しかし、寒い日が15℃で、暑い日が28℃という意味ではなく、1日の温度の変化が大きいのが特徴です。

ほぼ毎日、朝・夜は冷え込みます。

朝・夜

僕は寝る時は短パン・Tシャツで寝ています。

朝7時に起きて、肌寒い時は薄手の長袖を羽織ることもあります。薄手の長ズボンや、何か羽織るものがあると便利です。逆に薄手の物であれば長ズボンで寝るのが暑いということはないと思います。

日中

僕はまだ短パン・Tシャツで出かけます。

朝9時ごろを過ぎると徐々に暖かくなってきます。少し寒がりな方は、長そでのTシャツくらいがちょうどよいと思います。また、この時期は夏用の長ズボン(薄手)を履いても汗でじとっとすることはなく、とても快適です。

たまに店に入ると、クーラーがきいていて肌寒く感じるときもあります。女性は外出用のカーディガン、男性はTシャツの上から着れるような薄手のシャツ等があると便利です。夕方からディナーに出かける場合等にも重宝します。

日差しは気温に関係なくとても強いです。夏真っ盛りではないものの、焼けたくない人は日焼け止めは必須アイテムです。逆に、日焼けを気にしない方は、日中ずっと外で日に当たらない限りは肌が皮膚がむけたり、真っ赤になるほどの日差しではないです。

厚手の上着は必要ないです。

アナハイムの10月の日没時間はだいたい18:30くらいです。

おすすめの記事