家で食べたアメリカのアイス

家で食べたアメリカのアイスのリスト

アイスが好きなのでこのページを作りました。

僕は基本的に家でアイスを食べることが多く、特に冬のアイス消費量は半端ないと思います。なので、アメリカのアイスを制覇する気持ちで頑張ってアイスを食べます。

今まではあんまり写真とかとってなかったので、今現在はブログ用に写真を撮っていたカロリーオフ系のものがメインですが、これからは食べたアイス全部乗せるぐらいの勢いで追加していきます。

そして、アイスの味のレビューや評価ではなく、あくまでもアイス食べたぜって言う記録です。僕はソムリエになりたいんじゃなくて、ただアイスを楽しんでるだけです。

A

Arctic Zero

arcticZero

Arctic Zeroはカロリーオフ系のアイス。ただ正直あまりおいしくない。なんか水っぽいし粉っぽい。

レビューっぽいことは以前一度記事にしました

このシリーズは3種類ぐらい食べたけど、もういらない(笑)

ミルクとか使ってないノンデイリープロダクトもある。

B

Ben & Jerry’s

パイント

B&J pint

日本でも有名なBen & Jerry’sの普通のアイス。カロリーさえ気にしなければまずハズレは引かない。

かなりスタンダードなアイスで、味もいっぱいあるから飽きない。

しかし、普通過ぎる。

スライス

B&J slice

Ben & Jerry’sのこのシリーズはかなり好きで色々な味を食べている。

小分けになっていてスプーンを使わずBen & Jerry’sが楽しめるのが嬉しいけど、3個入りじゃなくて4個入りだともっと嬉しい。

調子良い時僕は2枚食べてしまう。

おすすめは写真のChocolate Fudge Brownie。

低カロリー

B&J低カロ

Ben & Jerry’sのカロリー控えめアイスです。

今回は定番アイスのBen & Jerry’sからの低カロリーアイスだったのでとても期待していたのですが、低カロリーアイスでありがちなアイシーなアイスで、リッチ感が低く、アイスを食べた満足感は味を濃くすることで補う的な感じで、少し残念です。

Breyer’s

breyers low fat

アメリカの一般的なアイスクリームメーカーBreyer’sから出ている低カロリー系のアイス。

低カロリーなのにしっかりとコクはある。ただ、固い&滑らかさも低い。

ただ、低カロだし、「こんなもんでしょ」って感じだと思う。

C

CoolHaus

coolhaus

CoolHausはロサンゼルス発の比較的新しいアイスクリームブランドです。

アイスは低カロでも何でもないので濃厚です。それ以上にクッキーがとてつもない存在感です。なんかクッキーメインでリッチなクッキー2枚にアイスを乗っけて食べる感覚で、正直僕はもう少しクッキーの存在感を減らしてほしいと思っちゃいます。ちなみに、これ1つで500Kcalと、モンスター急なカロリーです(笑)

D

Dreyer’s

dreyers

Dreyer’sはアメリカのスタンダードなアイスです。

普通においしいし、特別感は一切ないものの、とりあえず安心して食べれます。よくレストランとかで出てくるアイスはここのアイスの事が多いです。

E

Enlightened

パイント

enlightened

Enlightenedはカロリーオフ系のアイス。なんか惜しいところまで来ているのですが、滑らか感に欠ける。ちょっとクリームを固めた感じでぼそぼそのアイス。

レビューっぽいことは以前一度記事にしました

他のメーカーより若干カロリーが低くて低糖質で低脂肪、かつ、ちょっとプロテインの量も多い的な、数値的にはちょっとだけ他に勝る分、味が劣っているかも(笑)

アイスバー

enlightened bat

パイントのアイスでちょっと悪く書いてますが、実はこのアイスバーは僕は好き。やっぱりぼそぼそで基本的にはパイントのアイスとは形状が違うだけだけど、なんか懐かしさを感じる。

日本であるあのカッチカチの井村屋のあずきバーがうまい具合に溶けた時ってごりって言うかぼそって言うかあんこ感もしっかり楽しめて美味しいあの感覚が楽しめる気がする。

H

Halotop

Halotop

Halotopはアメリカでカロリーオフ系のアイスの王道。ただ、No.1にうまいという訳ではない。やっぱり表記されてるカロリーが高いやつは普通のアイスっぽいけど、そうでないのは水っぽさがあるのもある。全体的に他のカロリーオフ系よりは上を行く感じがする。

ノンデイリー製品や、ビーガン向けも出してる。そして、地味にハイプロテイン。

以前書いた記事:アメリカで人気の Halo Top (ヘイロートップ) Ice Creamを食べてみた

I

It’s it Ice Cream

it's it

It’s itはサンフランシスコ初のクラシックなアイスクリームサンドイッチです。ターゲットとかラルフスとかボンズ等のスパーで普通に買えます。

ハマる人はドはまりすると思います。とりあえずサクッともしっとりもしていないこの不思議なクッキーの食感のクッキーが美味しいです。

僕のおすすめはバニラです。僕はやられました。

K

Kroger

Krogerlowfat frozen yogurt

アメリカのスーパーマーケットチェーンKrogerが出している低カロリーのフローズンヨーグルト。

何かフローズンヨーグルトと言う程すっきり&さっぱりな味ではなく、ふつうのアイスが少しすっきりした感じの味。カロリーも言うほど低くなく、変な低カロのアイスよりはアイス感が強い。

M

Magnum

magnum

Magnumは結構どこでも買えるアメリカのちょっと良いアイス。基本的にチョコでカバーされていて、そのチョコもベルギー産を使ている。そしてチョコの量もケチっていないので美味しい。

ただ、このパイント系のカップアイスはダブルチョコがない(アイスバータイプはある)。

で、硬い&カロリー高い。ハーフパイントで1000Kcal越えします(笑)

Mochi Ice

Mochi Ice

ホールフーズで売っているモチアイスです。そうです、日本でいう雪見だいふくのようなものです。

大きさは雪見だいふくの1/3くらいなのに、値段は1つ2ドルもします。

でいて、アイスにした時のモチの柔らかさとかフワフワ感を考えられて作られていないのでモチがかったいです。

でも、ま、人気商品です。日本人からしたらありえないと思いますが、ま、僕はチョコミントは味的に嫌いじゃないです(笑)

N

Naia

Naia gelato

Naiaはホールフーズで売っているアイスと言うかジェラート。比較的新しいブランドで、これもカリフォルニア発のアイスです。ほとんどがローカルな素材を使って作られていて(ローカルじゃないのもある)、フタに産地が書いてあります。

味もさすがジェラートで、濃厚さ&食べ応えはあります。

ふたを開けてすぐ食べれますが、僕のおすすめは15分ぐらい外に置いて、かなり溶け始めてから食べるのが美味しいです。

P

ProYo

ProYo

ProYoはカロリーオフ系のアイス。一応ハイプロテインをうたっている。しかし、実際のところカロリーオフ系アイスはハイプロテインであることが多く、他のアイスよりちょっと多いくらい。

アイス自体は結構普通においしかった。

S

Simply Churned

simply churned

Simply ChurnedはSignature SelectというSafeway(スーパー)が出しているブランドのアイスです。低カロの物を食べましたが、普通のアイスと遜色ないコクやリッチ感があり、意外に秀逸に作られています。

ま、実際、Halotopとかそういう系の1.5倍くらいはカロリーがあり、極端にカロリーが低いわけでなく、アイスとして楽しめる範囲までカロリーを落としていった感じです。

Skinny Cow

パイント

skinny cow

Skinny Cowのこのパイントは絶品です。普通のアイスに近い食べ応えです(そこまで低カロリーじゃないからかも)。

低カロリー系では一番好きかもです。

おすすめはピーナッツバターチョコレートの一点張りです。いや、むしろピーナッツバターチョコレート以外はそこまで評価できないかも。

サンドイッチ

skinny cow

パイントがとてもおいしかったのでサンドイッチを買いましたが、絶妙に微妙です(笑)

アイスはバニラタイプとチョコタイプの両方ともパイントのアイスと同じで満足感はあるんですが、うっすい湿ったクッキーがなんか嫌いです。

Straus

straus

Strausはプレミアムなミルク製品で有名なブランドでそこから出ているアイスクリーム。

基本的にカロリーオフ系ばっか食べてると、こういう普通のアイスクリームを食べるとなんでもうまく感じてしまいますが、このアイスは普通のアイスクリームと比べてもアイスのリッチ感があってとってもとってもうまいっす!

記事:オーガニックの乳製品で人気のストラウスのアイスクリームを食べた

Swell

Swell

Swellは低カロリー系のアイスクリーム。

ベンアンドジェリーの低カロと同じような感じでアイシー感が強く、滑らかさやリッチさはアベレージより劣る。

ただ、味が濃い目なのでなんとなく満足感は得られる。

T

Talenti

talenti

Talentiはプレミアムなジェラートです。今のところ濃厚なアイスクリームを探している人には一番このTalentiが愛されていると思います。

正直上手いです。とにかく格の違いを感じます。アメリカのアイスの系統ではない味のリッチ感です。

あんま褒めたくないけど、やっぱりうまい。

Three Twins

three twins

Three Twinsは日本にもおしゃれな感じで入ってきているオーガニックアイス。ふつうにおいしい。特にマダガスカルバニラはすっきりの甘さでありながら、コクもあってバニラの味わいも程良い。この全体的にバランスのとれた感覚を試すにはまずバニラからどうぞ。

高原で搾りたてのミルクのソフトクリームを食べた時になんか感じるような鮮度の良さとしつこくないすっきり感を味わえます。

Thrifty

thrifty

Thriftyはアメリカのアイスの度定番です。クラシックなアイスで、今は多分Rite Aidが商標を持っていたはず。

業務用にも色々出しているアイスなので、これと言って特徴的なものではなく、普通のアイスで、普通においしいです。

Y

Yasso

Yasso

Yassoはフローズンギリシャヨーグルトです。

かといってさっぱりした日本のフローズンヨーグルトを想像すると、全然違います。特にチョコ系の味は普通のチョコアイスです。

脂肪分もちょっとあるので、低カロリーの割にはしっかりコクがあり、フルカロリーのアイスの代替えとしてはアリです。

特別うまいって言うような特徴的な何かはないです。

まとめ

いや、まだまだ載せたいアイスはいっぱいあるので、もっともっとアイスを食べて、「なんだこのページ、長っ!」っていうくらいに成長させます(笑)

 

おすすめの記事